不労所得でカメラライフを楽しみたい29歳サラリーマンの日記

カメラ、競馬、資産運用に興味があるサラリーマン。資産運用で増やしたお金でカメラを買いたい。資産運用は投資信託、アメリカ株、ソーシャルレンディング、仮想通貨をやっています。

沖縄県発のソーシャルレンディングサービス、ポケットファンディング(Pocket Funding)の特徴をまとめました

f:id:ryota23:20180709212705p:plain

 沖縄県を拠点にしているソーシャルレンディングサービス、ポケットファンディング(Pocket Funding)の口座を開設したので紹介してみます。

ポケットファンディング(Pocket Funding)とは

ポケットファンディング(Pocket Funding)は、沖縄県を拠点にしているソーシャルレンディングサービスです。都心部での案件が多いソーシャルレンディングサービスの中で地方、その中でもアジアに一番近い場所にあり、経済成長率の高い沖縄県を拠点としています。2017年サービス開始の比較的新しいソーシャルレンディングサービス業者です。

・事業会社
 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
 設立:平成27年12月25日
 事業内容:Pocket Fundingの運営管理

・関連会社
 株式会社財全ソリューション
 事業内容:ソーシャルレンディングサービスにおける借り手の管理、融資

 運営管理会社と融資をする会社が別なのは、maneoとmaneoマーケットのような関係でしょうか。詳しくはわかりませんが、先日のグリーンインフラレンディングの件のメールで、親族会社またはグループ会社への貸し付けは営業開始以来一度も行っておりませんと回答しています。

www.ryota23.com

特徴

投資 × アジア × 沖縄
地方の中でも経済成長率の高い沖縄県を拠点にしています。
ポケットファンディングの運用の特徴は以下の通りです。

・収益は毎月分配
・口座開設手数料、取引手数料、情報提供料、全て無料
・運用期間:3ヶ月から(12ヶ月が中心)

・目標利回り:6-8%のミドルリスク、ミドルリターン
・投資可能額:1万円〜
・追加投資単位:1千円

少額で短期間から投資ができるため、ソーシャルレンディングに興味もった投資初心者の方、資産運用の一つとして始めたい方問わず、ちょっとやってみようかなと思う人にお勧めです。中でも、追加投資額が1,000円から投資できるので、少額の投資でも複利の力を最大限に生かすことができます。(他のソーシャルレンディング業者では1万円単位の場合が多く、少額の投資であると、単利でまわすことしかできません)

募集案件

ポケットファンディング(Pocket Funding)の募集するファンドは、基本的に沖縄県を舞台に事業をする借主にお金を融資します。

案件には大きく分けて2つあり、「事業支援ファンド」「不動産担保ローン」があります。それぞれ過去の案件を紹介します。

事業支援ファンド

PF事業支援ファンド
・通信事業関連の工事費用の為
・住宅建築資金の為
・事業運転資金
・農作物の栽培のための設備の整備資金
・法人設立資金および設立当初の運転資金
・工事請負代金が入るまでの繋ぎ資金(石垣島)
・物件購入資金(東京)
・土地(更地)の購入資金
・マンションの仕入れ資金(東京)
・関東件の物件購入資金 

基本的に沖縄ですが、一部関東(東京)の案件があります。沖縄を舞台とした案件にはインフラ関係や農業関係など様々なものがあります。案件の内容を読んでみると、大企業ではなく中小企業が頑張って事業をするために融資を求めるような感じであり、このような案件には支援をしたいなとつくづく思います。

一部関東(東京)のマンションの仕入れ資金の案件があります。沖縄推しでなぜ東京?と思いましたが、皆さんそう思われたみたいでなかなか集まりませんでした。

不動産担保ローン

PF一部不動産担保ローン

・土地の仕入、および住宅建築をの資金の繋ぎ資金
・担保不動産(共同住宅)の売却までの繋ぎ資金
・マンションの仕入れ資金
・造成資金及び売却までの繋ぎ資金
・マンションの仕入れ資金
・造成資金及び売却までの繋ぎ資金
・物件購入資金
・事業運転資金
・建売住宅建築資金の為

不動産担保ローンでは不動産を購入し、売却までの繋ぎ資金のために融資を求める案件がほとんどです。この類の案件は沖縄限らずでしょう。

PF軍用地担保ファンド

f:id:ryota23:20180711210400p:plain

沖縄県ならではの担保物件として、軍用地を担保にした案件がありました。

用途:新規事業展開のための物品仕入資金
担保物件:沖縄県本島北部の軍用地

沖縄県内では軍用地の取引が活発で流動性にも優れています。
本軍用地は米軍のレジャー施設であることもり、返還の可能性が低いので長期間借地料が入るので購入希望需要が高くなっており、沖縄県ならではの担保物件です。

手数料

・口座開設手数料、取引手数料、情報提供料、全て無料
・最低出金依頼金額:1,000円
・出金手数料はお客さん負担
・投資資金振込先(マスター口座)はみずほ銀行

出金は1,000円からできます。出金手数料はタダではないので、少額すぎる運用ではなかなかリターンが良くないで注意が必要です。

安全性は?

グリーンインフラレンディングの件での回答で分別管理体制に関して以下の様に回答しています。
当社へのお客様からの入金は、当社自身の口座と分けて分別管理をして
おります。案件の募集を完了した後に投資を申し込まれたお客様の資金は
営業者のお客様専用の口座へ送金されております。

このことから、募集したお金を会社が勝手に使うということはないと言えます。

その他

ポケットファンディングは日ごろからメルマガでファンドの募集開始の案内や、セミナーの案内を行っており、精力的に事業を展開している印象です。先日のグリーンインフラレンディングの件のように他業者の件についても素早く情報を提供する姿勢は好感が持てました。

デメリット

マネーフォーワードに対応していないことが一番のデメリットだと個人的には思います。毎月ある程度決まった金額が分配されるのと、手入力をすれば問題ないのですが、他の口座は基本的に連携しているため、できることなら連携してほしいです。

あとは、2017年のサービス開始から1年しか経っていないため企業としての経験の浅さが少し懸念材料です。

所感

今後も発展が見込まれる沖縄を拠点にしたソーシャルレンディングサービスは珍しいので、他の業者と差異化されています。ソーシャルレンディングサービスには不動産関係が多いですが、東京オリンピック後のことを考えるとなかなか投資に至りません。その点沖縄はオリンピック後も経済成長が期待できるため、今後の発展に期待したいです。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村