不労所得でカメラライフを楽しみたい29歳サラリーマンの日記

カメラ、競馬、資産運用に興味があるサラリーマン。資産運用で増やしたお金でカメラを買いたい。資産運用は投資信託、アメリカ株、ソーシャルレンディング、仮想通貨をやっています。

クラウドリースに3万円投資しました(1809)

f:id:ryota23:20180711201448p:plain

クラウドリース先月返済された3万円を新しく投資しました。今回はリサイクル事業者への融資で担保付きの案件です。

クラウドリースとは

私はクラウドリースに2018年3月から投資をしています。クラウドリースはmaneoファミリーの一員で、店舗ビジネス(アミューズメント関連や飲食店など)に特化したソーシャルレンディングサービスです。詳細は過去に書いた「maneoファミリーのクラウドリース(Crowd Lease)に10万円投資してみました。」を参照願います。

今回投資したファンド

ファンド内容

今回は「夏祭りローンファンド【第4弾】8号」に投資しました。案件の目的は「リサイクル事業の仕入資金および運転資金のための貸付」です。内容の詳細は以下の通りです。

f:id:ryota23:20180901210252p:plain

f:id:ryota23:20180901210304p:plain

【事業者M社向け 第192弾】事業性ローンへの投資

・目的:リサイクル事業の仕入資金および運転資金のための貸付
・貸付金額:10,000,000円
・利回り:11.50%
・運用期間:6か月
・担保:有り(鉄スクラップ時価:1億2,240万円)
・保証:有り(代表者個人による保証)
・借り手:事業者M→リサイクル事業者MC

今回募集のファンドは運用期間が12か月~2か月のものがあり、その中で間の6か月のものを選択しました。今回の案件は利回りが11.50%と高いながらも担保があるのである程度安心して投資ができます。

その担保ですが、担保は鉄スクラップとなっています。一連のファンドの融資額が合計1億円なのに対し、担保が1.224億円であるため仮に返済ができなくなった場合には鉄を売って賄うことができます。注意点としては鉄スクラップの時間が時価であるため元本割れする恐れがありますが、返済額がゼロにはならないはずなので

事業者MCについて

事業者MCはアミューズメント事業リサイクル事業を行っております。
年商116億2千万円を誇る業歴30年弱の老舗企業です。
アミューズメント事業については、北関東を中心に、4店舗を営業しています。

ソーシャルレンディングでは借り手の情報が曖昧にせざるを得ないのですが、おそらくパチンコ台などのリサイクルおよびホールを営業している会社です。テレビCMでも新台入れ替えの案内が頻繁にあるので、期間が過ぎた中古の台を回収しているのでしょう。

私はそれほどパチンコは好きではないので、パチンコ案件は控えておりましたが、他の分野の案件が全然でてこないままお金を遊ばせることが嫌だったことと、リサイクル事業であれば資源の削減になるので協力したいなと思い投資することとしました。

クラウドリースでは同時にこの事業者MCの店舗設備資金の割賦販売も募集していました。

類似ファンドとの違い

同時期に募集していたファンドとして「サマーキャンペーンローンファンド11号」がありました。こちらは事業者MCの店舗設備資金の方のファンドです。内容の詳細は以下の通りです。

f:id:ryota23:20180901210329p:plain
【事業者F社向け 第173弾】事業性割賦販売ローンへの投資

・目的:商社を経由して営業用設備等を買い取った上で割賦販売を行うための貸付
・貸付金額:12,000,000円
・利回り:12.00%
・担保:なし
・保証:有り(代表者個人による保証)
・借り手:事業者F→アミューズメント事業者MC

2つのファンドの違い

事業者Mと事業者Fはどちらもクラウドリースの関連会社となります。二つの事業者を大雑把に分けると、

・事業社M:事業の運転資金
・事業者F:アミューズメントの設備資金関係(割賦販売など)

となりそうです。私が過去に投資した案件は飲食店事業者、医療予約ソリューション事業者、理化学機器の販売事業者の運転資金でしたので、運転資金関係は事業者Mでしたので、今回のリサイクル事業関係は事業者Mからの融資となります。

どうしてクラウドリースは関係事業者を分散させているのかは分かりませんが、個人的には事業者Mの案件をこれからも選んでい行こうかと思います。

まとめ

今回はリサイクル事業者への融資で担保付きの案件に投資しました。利回りが11.50%と高いものの、運用期間が6ヶ月と比較的短めで担保のある案件なので安心して投資しました。私は事業の運転を応援したいのでクラウドリースで案件を選ぶ場合は事業者Mを選んでいこうと思います。今月、来月と返済の案件があるので、返済されたらどんどん再投資して資産を増やしていきたいです。

広告)クラウドリースはmaneoファミリーですので、口座を作る場合は一度maneoに登録して連携すると口座の開設が楽ですよ。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村